大阪の高須クリニックの評価と体験談

他の女の子たちとちがっていた

他の女の子たちとちがっていた : 口コミ評価 : 親身でアフターケアも万全

私は小さいころから容姿にコンプレックスがありました。
小さいときは眼が小さく、太っていて全身体毛が多く明らかに他の女の子たちとちがっていたんです。
それを自覚したのは幼稚園の頃で、お友達の輪に入ってもいつもお芝居やごっこ遊びでは豚や猿の役回りであり、お友達の様にプリンセスの役割をさせてもらうことはできませんでした。
毛深いことからお猿さんや豚さんなどと小さいころからののしられ、子供心に辛い思いをしていたんです。
私もプリンセス役がしたい、もっとかわいいと言われたいと子供ながらにずっと思っていました。
小学校に入ると容姿の事をののしられるだけではなく、いじめ被害にもあいました。
女の子らしくなく、一見すると男の子と間違われる容姿であって、女の子のグループに無視されたり、上履きを隠されたり不幸の手紙が机の中に入っていたりしました。
容姿が男の様だというだけで、女の子からいじめられ、なんで私はこのような容姿で生まれてきたのか自己嫌悪に陥ることもしばしばあったんです。
そしてもっとかわいく生んでほしかった、なんでこんな用紙でうんでくれたのかと母を責めたこともあり、ますます自暴自棄に陥っていったのです。
やがて高学年になると登校拒否をし、引きこもったこともありました。

明日は🐻と大相撲観戦。


高須クリニックの懸賞をいっぱいつけていた勢は引退してしまった。

勢の業績がLINEで送られてきた。


今回いっぱい懸賞つける予定だった白鵬はコロナ予防のために休場。

すごく残念。


明日は誰に懸賞つけるか🐻と相談中なう。
pic.twitter.com/KWK9AvbrUT

— 高須克弥 (@katsuyatakasu) September 12, 2021